一覧

お知らせ

結婚を会社に報告するタイミング

特に女性の場合、勤めている会社の上司や仲間に結婚の報告を行うタイミングが難しいと言えます。
女性の場合は、結婚後も働くことのできる環境が整っていないかぎりは退職する道しかありません。
退職を伴うのであれば、その時期は早めに報告しなければ、会社に迷惑をかけてしまうので、タイミングをよく考える必要があります。
報告が早すぎると、それが一気に社内へ広がり、自分自身が働きづらい状況に陥る可能性があります。
その反対に遅すぎると、退職に向けての社内手続きや関係者への挨拶、また代わりになる人を探す期間が必要なため、会社に負担をかけてしまうことになります。
退職するのであれば、誰にとっても迷惑のかからないタイミングをよく見計らって、円満に行えるように努めなければいけません。

親族を呼ぶのに十分な広さの葬儀場
遠くからくる親族に配慮し、式場と火葬場が一体となった斎場を選ぶのがおすすめです

大田区で家族葬を小規模で行えます

火葬日まで安置できる葬儀社です

慕う人がたくさんいる方との別れに
大人数での葬儀は花葬におまかせください。

世田谷区で初めての葬儀でも
1からご説明いたします

ビジネスの世界では結婚しても夫婦別姓

日本の法律では結婚した後も夫婦別姓の届けは受け付けられていません。
今後のことは漸く議論をされ始めているところです。
ビジネスの世界では女性が旧姓のままを名乗って活躍している例は多数見受けられます。
女性が自立していることを示しているということができます。
現代は一生結婚をしなかったり、しても離婚するということが個人の生き方の問題として当たり前になっています。
そのことを批判する風潮も少なくなっています。
結婚して姓が変わり、離婚したら姓を元に戻すということが女性にとって仕事をやっていくうえで負担になるようであれば、ビジネスの世界だけは夫婦別姓を認めるようにすれば良いと思います。
企業側が結婚の届け用紙に今後の姓の変更の有無の欄を作るだけで対応可能です。