結婚式参加者にはアレルギーを確認しよう

結婚式は、自分の親族だけでなく相手の親族も多く参列します。
親族でも久しく会っていない方もいるでしょう。
そんな方にも快適に過ごしてもらえるために、どうすればいいでしょうか。
結婚披露宴では料理が出されますが、アレルギーがある人は迂闊に手を出すことができません。
少し口にしただけでも命に関わるアレルギーを持ってる人が多く、会場側も配慮が必要になります。
そんなときは事前に参加者全員に聞いておくことをオススメします。
一番簡単な方法としては、結婚式の招待状と一緒に出す返信ハガキに一言添えておくことです。
アレルギーがある場合には記入してくれるので、早い場合は式の3か月前にはアレルギーの有無が分かり、会場側に確認して料理やソースの変更が可能になります。
自分たちだけでなく参加者も楽しく過ごしてもらうため、こういった配慮を忘れないようにしましょう。

男性に結婚を意識させるには

長く付き合っていても、なかなか結婚を切り出してくれない男性が増えています。
男性にそれを意識させるには、普段の生活において何気ないコミュニケーションをすることが重要です。
女性は男性の結婚観を知るためにも、これから結婚する友人の話や、周囲の既婚者の話題をもちだすといいでしょう。
さりげない会話の中に結婚という言葉が入るだけで、興味があるのかを知ることが出来ます。
また家族の話をするのもいいです。
相手の家族を気にかけている態度を見せることで、相手の家族と仲良くやっていける旨を伝えましょう。
その際、絶対にしてはならないのは、相手の家族を批判する言葉を使わないことです。
双方の家族の気が合うことで、男性にも意識の変化が見られます。