結婚式で着たいウェディングドレス

結婚式でドレスを着ることは女性にとって憧れです。
それが一生に一度しかない主役となれば、どれを着るか迷い何度も試着することでしょう。
最初に試着するのはウェディングドレスです。
真っ白い純白のものが定番ですが、今はオフホワイトも人気です。
とても淡い黄色で、白に近い黄色といっていいでしょう。
しかし、会場のライトが当たることで白に見えるので、特に問題はありません。
種類がさまざまあり、一般的なのは裾にいくにつれて広くなるAラインというものと、腰から下がふんわりとしているプリンセスラインです。
しかし、背の高い人には体にフィットするマーメイドが合いますし、妊娠している人は締め付けの少ないエンパイアラインなど、自分の体型に合ったドレスを選ぶことが可能です。
最高の結婚式になるよう、見た目から綺麗にしておきましょう。

結婚においての英語名言

結婚に関しての英語の名言はさまざまあります。
式のスピーチや、お祝いのメッセージカードなどで、結婚にまつわる英語の名言を使ってみるのもおすすめです。
周囲と差をつけることで、より印象深いものとなるでしょう。
誰もが知る女優であるオードリー・ヘップバーンは「If I get married、I want to be very married」という名言を残しています。
これは「もし結婚するなら、どっぷりと結婚していたいの」という意味です。
また、聖書から引用してみるのもいいでしょう。
「It always protects、always trusts、always hopes、always perseveres」は「すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える」といった言葉です。