結婚式で流すBGMで避けた方がいい曲

結婚式を行う時に忘れてしまいがちの準備の一つとして、BGMの選曲があります。
式場などが用意してくれる場合もありますが、一部の入退場シーンや歓談中の音楽を選ばなければいけないこともあります。
自分たちの好きなアーティストの曲や聞いていてかっこいいと思う洋楽など、新郎新婦の好きなものでいいのですが、意外な落とし穴があります。
それは、特に洋楽の場合は歌詞をしっかり見ることです。
結婚式では別れなどを連想させる言葉を言ってはいけないのと同様に、失恋などの歌詞が含まれる曲は良くないとされています。
本人たちの思い入れの強い曲となると話は別ですが、基本的にはあまりいいものではありません。
「英語で歌詞が分からないからいい」と思いがちですが、なるべく避けたほうがよいでしょう。

結婚の挨拶の手土産について

結婚の挨拶を双方の両親にする際、手土産を持参することも多いでしょう。
この手土産には、挨拶のための時間を設けてもらったことに対して、お礼を表すものです。
ですから、ただ手土産をもってゆくのではなく、その選び方にも気をつけることが大切です。
通常、手土産にかける値段は3000円程度と言われています。
一般的にお菓子や日本酒やワインなどの、消えてなくなるものが無難とされています。
しかし、生菓子は出来るだけ避けて、2か月以上は日持ちするものがおすすめです。
事前に相手の好きなものやリサーチしておくと準備がスムーズです。
また、間に合わせの印象を与えないために、相手の家の近所で品物を購入しないよう心がけましょう。